Type2Phoneで 日本語 / 英語入力 を切り替える方法

icon

Type2Phoneの紹介

Type2Phone(Mac App Store) という、Macに接続されたキーボードの操作を、他のBluetooth対応デバイスに送信するソフトがあります。名の通り、iPhone 向けのソフトなんですが、PS3などにも接続できます。

使い方は簡単で、Macと接続したい機器をペアリングさせType2Phoneを起動すれば、Macに繋がったキーボードの操作が接続した機器に送信することが出来ます。Type2Phoneがアクティブな時以外はMacの操作として使用可能なので、自宅などでiPhoneにテキストを書き込む時などに非常に便利です。

本題

それで、この Type2PhoneをiOSに接続した時、Command + Space でiOSの日本語 / 英語入力 などを切り替えられるようになっているのですが、これがどうも上手く動かない。

原因はMacの日本語/英語入力の切り替えのショートカットが優先され、Type2Phone事態にコマンドが届いていないことらしい。なので、色々検証した結果解決策を見つけることが出来たので、今回はそれをご紹介したいと思います。

JIS (日本語) 配列キーボードの場合

JIS (日本語) 配列キーボードの場合とても簡単です。

システム環境設定の キーボード > キーボードショートカット を開き、前の入力ソースを選択のチェックボックスを外すだけです。

日本語入力キーボードの場合は、Command + Space キーで入力モードを変えることはあまり無いと思いますので、これでいいと思います。また、USキーボードを使っていても、KeyRemap4MacBookなどを使って、Commandキーの空うちで日本語/英語入力の切り替えを行っている場合は、これでいいかもしれません。

どうしても、Command +  Space が嫌なかたは次の方法を試してみて下さい。

US配列キーボードの場合

US配列キーボードの場合は、上記の方法では Mac OS の入力モード切り替えが出来なくなってしまいます。なので、Type2Phoneのショートカットを入れかえる方法を取ります。

システム環境設定の キーボード > キーボードショートカット を開き、左の項目一覧から「アプリケーション」を選び、「+」ボタンでアプリケーションを追加します。

アプリケーション : Type2Phone.app

メニュータイトル : Switch iOS Keyboard Layout

キーボードショートカット : 任意のキー (私は Command + Option + Space)

と設定します。

これで、設定した任意のキーにショートカットが変わったので、OSと被らないショートカットであれば上手く動作するはずです。

ちなみに、私が設定している Command + Option + Space は OS の「入力メニューの次のソースを選択」というショートカットと被っているので、使えません。ですが、キーボードショートカットの「キーボードと文字入力」の項目にそのショートカットがあるので、そちらのショートカットのチェックボックスをOFFにしてあげれば、OS側にショートカットを奪われることが無くなります。普段あまり使わないのであればこれが個人的には一番お勧めです。

おわりに

Type2Phone に限らず、何かとショートカットを入れ替えることで回避出来たり、便利に出来る機能は沢山あります。例えばウィンドウの最大化等もこれを組み合わせると出来たりします。なので、WindowsであったこういうショートカットがMacに何故ない!!など不満を抱えている人は、これを機にトライしてみてください。